梅田慎之助【江戸の武器商人】解説~渋沢家とも取引

梅田慎之助とは

梅田慎之助(うめだ-しんのすけ)は、幕末の江戸の商人で、神田で武具問屋を営んでいました。
2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」では、江戸の武具商である梅田慎之介を、俳優の渡辺徹さんが演じられます。

梅田慎之助

江戸周辺の剣豪らとは、以前から、刀剣・木刀・竹刀などの取引を行っていたようです。
そのため、血洗島村の渋沢家なども、お得意様のひとりでした。
また、幕末において「攘夷」の考えを梅田慎之助も、持っていたようで、渋沢栄一が江戸に出た際には、何度か立ち寄った先でもあった模様です。
そのため、千葉道場の真田範之助らと、決起する相談のため、梅田慎之助の邸宅にある土蔵の2階を、借りたこともあったとか・・。

明治1年(1869年)に、渋沢栄一が、ヨーロッパから日本に帰国した際には、江戸・神田柳原にあった武具商「梅田慎之助」の屋敷にて、血洗島村から出て来た父・渋沢市郎右衛門と、面会しています。

この梅田慎之助に関しては、商人だけに、このくらいしか、調べても、分かりませんでしたが、少しでも、皆様のご理解が進めばとご紹介させて頂きました。

渋沢市郎右衛門の解説 渋沢ゑい(渋沢エイ)も
真田範之助の解説【八王子出身の剣豪】天然理心流と北辰一刀流の志士
渋沢栄一とは 日本の実業界・社会福祉・教育などに大きく貢献
高崎城とは? 群馬県高崎市の城跡
尾高長七郎 剣豪になった深谷の志士
渋沢平九郎の解説~渋沢栄一の見立て養子で振武軍の隊員
利根吉春の解説【青天を衝け】岡部藩の代官
折田要蔵の解説【青天を衝け】江戸幕府砲台造営の薩摩藩士
青天を衝け キャスト・出演者一覧リスト【NHK2021年大河ドラマ】