黒川嘉兵衛の解説~渋沢栄一の上司として活躍した一橋家用人筆頭

黒川嘉兵衛とは

黒川嘉兵衛(くろかわ-かへえ)は、幕末の旗本で、父は小林藤兵衛とされます。
そのため、黒川家に養子に入ったものと、推測されます。

ペリー来航

1853年、浦賀奉行組頭(浦賀奉行支配組頭)であった黒川嘉兵衛は、ペリー提督黒船が来航したため、ポーハタン号に乗り込み、アダムス艦長および通訳ウィリアムスとポートマンなどと、折衝交渉事務(事務折衝)対応に当たっています。
<注釈> 組頭と言うのは、実質的にNo2の地位と考えられます。
また、吉田松陰が、黒船に乗り込もうとした、海外渡航未遂事件では、訊問を担当しました。
2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」でも、そのシーンが登場し、俳優・おかやまはじめさんが、黒川嘉兵衛(黒川雅敬)を演じています。



1854年、黒船が再びに日本にやってきた際には、下田奉行所の組頭として折衝に当たり、アメリカ艦隊に乗船していた従軍写真家であるエリファレット・ブラウン・ジュニアが、黒川嘉兵衛を写真撮影しました。
これは、日本人で初めて銀板写真に写ったとされます。

その後、安政5年(1858年)から大老・井伊直弼による安政の大獄にて、免職となり差控になりました。
<注釈> 差控(さしひかえ)とは、自宅での謹慎すると言う、比較的軽い懲戒処分の事を言います。

御小人目付(おこびとめつけ)として復職した模様ですが、1863年、将軍・徳川家茂が上洛し、一橋慶喜が、将軍の名代として朝廷との交渉を開始します。
この時、人材を広く募集していた一橋家に取り立てられ、黒川嘉兵衛(黒川雅敬)は、陸軍取立掛、そして用人見習となって上洛しました。

1864年2月には、番頭兼用人となり、家老の平岡円四郎と共に、一橋慶喜を補佐するようになっています。
平岡円四郎が水戸藩士の江幡広光・林忠五郎らに暗殺されると、黒川嘉兵衛(黒川雅敬)が切り盛りするようになります。
天狗党の乱では、黒川嘉兵衛に渋沢栄一などの部下が属して、鎮圧のため出陣もしました。



1866年、幕府より禄が加増されて300俵となりますが、徳川慶喜が第15代将軍になった前後に、疎まれて失脚し、一橋家を離れて、若年寄支配に登用されています。
ただし、この理由は、詳しくわかっていません。

鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍は大敗し、江戸城に戻った将軍・徳川慶喜に再び仕えて、目付となり、謹慎する徳川慶喜の助命嘆願を行うため、津藩などを訪ねたほか、上洛しました。
晩年は京都で過ごしたとされ、詳細は伝わっていませんが、明治18年(1885年)に亡くなったようです。

2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」では、みのすけさんが、黒川嘉兵衛を演じられます。

渋沢栄一とは~日本に大きく貢献した偉人
猪飼勝三郎の解説【青天を衝け】一橋家の家臣(幕臣)
徳川慶喜(一橋慶喜)徳川家最後の征夷大将
川村恵十郎の解説【青天を衝け】一橋家の家臣(幕臣)
渋沢成一郎(渋沢喜作)とは 彰義隊・振武軍のリーダー
平岡円四郎 一橋家の家老で慶喜の側近
原市之進の解説~幕末の高名な水戸藩士で徳川慶喜の参謀
青天を衝け キャスト・出演者一覧リスト【NHK2021年大河ドラマ】

この記事を書いた人

しんや

しんや

投稿者の記事一覧

コメント(3件)

  • 原井 より:

    嘉兵衛の子孫です、まさか先祖が大河に堂々と出るとは思わず驚いております。私は女系子孫に当たりますが嘉兵衛のことは祖先ぐらいの認識で特にいい伝えがあるわけでもなく、うちの家系を調べた大伯父ですら嘉兵衛の詳しい最後は知らなかったようです、わかっていることは嘉兵衛より後の家系図があったぐらいです。嘉兵衛の最後に関してはまったくの謎ですが、ただ昔私の親戚の誰か祖先に儒学者がいるどうこう言っていたのでひょっとしたらその祖先が嘉兵衛だとしたら嘉兵衛は晩年儒学を学んでいたかもしれません。

  • 弥次郎兵衛 より:

    私の祖母の家の姻戚が黒川家です。亡くなった母が伊東の黒船祭に黒川のおばあ様が毎年、来賓で呼ばれてると、子供の頃に聞いてました。祖母の叔父もwikiに載ってるお騒がせなので、何か、因縁があるのかなと。
    私の小中高の同級生に徳川家の血筋がいて、そのお母さんは慶喜の直系とのことだったので、これも因縁なのかと。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です